宇宙飛行士の才能とは? マンガ『プラネテス』『Moonlight Mile』を読みました

スポンサーリンク

宇宙飛行士の才能
プラネテス』のDVD借りてきました。巨大ロボットも地球侵略もなく、デブリ回収というお仕事を描いたリアルSFもの。『Moonlight Mile』や先日ご紹介した『度胸星』など宇宙マンガは大好きなんですよね。

私が一時期暮らしていた女子学生寮(いろんな大学の女の子が集まってる)の先輩に、宇宙飛行士の向井千秋氏がいまして、寮に講演に来てくださったんですよ。女性として搭乗技術者に選ばれるなんてどんなにスゴイエリートかと思うのですが、気さくでやさしそうな人でした。

この間のテストで私の適性職業が「宇宙飛行士」と出たんですが、これは絶対無理です。断言できます。能力的な問題もありますが、私の性格は宇宙飛行士に必要不可欠な「最後まで自分を信じる力」が欠けていると思うんです。

マンガや映画など見ても、宇宙飛行士は死の危険と隣り合わせ。だから精神的にタフでポジティブシンキングじゃなければとてもやっていけません。でも私はきっと自分の想像した恐怖に押しつぶされてしまう気がします。

『Moonlight Mile』に宇宙飛行士はギャンブラーの素質が必要という場面が出てくるんですが本当にその通り。「強い精神力」は当然、その上に「絶対的な運の強さ」がなくては。ないものねだりで、私はそういう楽観主義の男性に憧れるんですよね。【麻理】



今日のサイト

犬の散歩をしていたら、かわいい女の子の犬が近寄ってきて、「あら、私のポチもあなたの犬を気に入ったみたい」と出会える可能性がどのくらいか教えてください。あくまで数字上での確立で結構です- 人力検索はてな

家にはワンコいないです。しょぼん。

スポンサーリンク
トップへ戻る