ネガティブシンキングでも大丈夫! 悲観主義と楽観主義

スポンサーリンク

悲観主義と楽観主義
私の性格は悲観主義とは言わないまでも、後ろ向きに考えてしまうところがあります。でもこれは私の利点でもあります。「こうなったらどうしよう」というマズイ事態が頭に思い浮かぶので、何事も慎重になります。

事前にしっかり準備するし、締め切りもきっちり守ります。まあ、あんまり失敗がないわけですね。

「なんとかなるさ」型の方は夏休みの宿題を8月の末までほったらかしで自由に遊び回ることができますが、一方「どうしよう」型の私は7月中に全部すませて心おきなく遊べるわけです。どっちにしてもOK。

自己啓発本など見ると「ポジティブシンキングの方がネガティブシンキングよりも良い」と書かれていることが多く、みんなが「ネガティブじゃだめだ!」とあせっているような気がします。

確かに明るく考えた方が人生楽しいのですが、本来楽観主義の方が少数派です。たとえば原始時代の楽観主義者は、獣の前に無謀に飛び出したり冒険の旅に出たりなど、悲観主義者よりも生命の危険にさらされる確率が高いわけです。

全員が楽観主義者であったなら人間は滅びてしまっているかもしれませんね。石橋を叩いて渡るような用心深さや最悪のケースを考える想像力も捨てた物ではありません。

私にない資質を持っている楽観主義の人は憧れですが、今の自分でも「ま、いっか」と思っています。楽観論者は失望しか味わえないが、悲観論者は意外な幸運を拾うことができるとも言いますしね。こう考えればポジティブシンキングっぽいかしら?【麻理】

今日のサイト

シュヴァルの理想宮(リンク切れ)

33年もの間、たった一人で理想の宮殿を創り上げたシュヴァル。いつか行ってみたい場所です。

スポンサーリンク
トップへ戻る