この星の1等賞になりたいの卓球でオレは!『ピンポン』を見ました

スポンサーリンク

ピンポン
テレビで『ピンポン』を見ました。2002年公開なんですね。月日の経つのは早い。ワクワクするような躍動感いっぱいの映画で見終わった後は清々しい気持ちでいっぱいになりました。私も頑張るぞー!

この映画公開当時は窪塚洋介君の絶頂期で、私もミーハー魂炸裂。彼に会えることを期待してスポーツジムに通ったり(会員になっていたジムに窪塚君がいるという噂があったから)、彼の日記サイトの「不思議クン」ぶりに驚愕したりなんかしてました。先日の手術後のインタビューでは元気な姿を見られてほっとしました。無事でよかったね。

ところでスポーツ映画、ドラマでいつも考えるのは、プロから見るとどうなのかということ。私はアマで競技ダンスをやっていたことがあるのですが、ダンスシーンが出てくると気になって仕方ないのです。

『Shall We ダンス?』のヒット以来、社交ダンスシーンのあるドラマが増えたのですが、やっぱり役者さんのホールド(二人で組んだ時の腕のポーズ)はかなり違和感があります。明らかに素人なのに役柄が「世界トッププロ」だったりすると、気になってストーリーに集中できません。

私のようなアマチュアでも気づくのだから、卓球のプロから見ると『ピンポン』の動きが変だったりするのかな?

この映画では役者さんはラケットを振るだけで、球は後からCGで描き込まれたものらしいのですが、フォームがおかしかったりするのでしょうか? 試合シーンはすごく迫力があって心臓バクバクだし、ストーリーも感動的、映像もカットも個性的で面白いのですが、卓球好きの方はどう思ってるのかなあと。

ちなみに映画ではチャイナが一番好みです。【麻理】

今日のサイト

非常口

頑張れ非常口君。

スポンサーリンク
トップへ戻る