「デートの夕食代は割り勘か男性がおごるか」問題について

スポンサーリンク

割り勘か男性がおごるか
よくネットでも話題になる「初デートは男性がおごるか割り勘か」問題。どうするのが正解なのでしょうか。あくまでも個人的な意見ですが、私としては男性の戦略的にはおごったほうが良いのではと考えます。

オンナ道はどうなったのかというと、激務のため一時中断(←言い訳)。コツコツ恋愛系サイトなんぞ見ながら精進してますけどね。恋愛系サイトのうち数年前から通っているのが「もてもて!メール講座(リンク切れ)」様です。管理人・ハルキ ミキさんの恋愛論が週3で更新されています。

で、24日(水)、26日(金)と連続して書かれていたコラム。初めてのデートに誘った男性が、相手の年下女性に夕食代(3000円、二人分合計6000円)のワリカンを要求したという内容です。

ちょっとそりゃ、まずいなあ。20代半ば社会人の男性ですよ。一人分3000円が高いと思うなら(どのみち自分の分3000円を払うのだから)一人分1500円のお店にして2人分払った方がいいのに。

いえね、男性が毎回すべてのデート代を払うべきとは言いませんよ。お付き合いが始まったら、両者の経済力など考えてルールを決めればいいんです。でも自分から誘った初回デートで女性に支払わせるなんて、戦略的に間違ってます。ここではフェミニズム的なことは置いておきますよ。

良い雰囲気の場合、男性がおごれば「じゃあ次回は私が」と女性からスマートに次のデートに誘えます。またたとえ初回デートがイマイチでも、おごられたらまともな感性を持った女性は申し訳ないから次回のデートを断りにくいし、2回目以降があれば男性は名誉挽回のチャンスが増えます。

厚顔無恥な女性でなければ心理的にギブ&テイクをせずにはおれないからです。逆に女性が意地でも払うと言う場合「絶対借りは作りたくない」と拒絶している可能性大です。

大学時代の田嶋陽子系の級友にどつかれそうですが。戦略・フェミニズム論は別としてもね。男性諸君、肉を切らせて骨を断て!【麻理】

今日のサイト

「親指さがし」(リンク切れ)

電通のインタラクティブ広告の一つ。さすが業界大手。他のバナなども力作です。

スポンサーリンク
トップへ戻る