女性の方が男性よりも内面重視の傾向・男性がモテるためには?(2)

スポンサーリンク

モテるためには?
昨日の「得体の知れない男性は怖い」を読んでしょげかえっている男性へ。ちょっと待って。これは逆に考えると男性にとっては大きなメリットなんですよ。まず、なぜ女性が未知の男性を警戒するのかを考えてみましょう。

いきなりの告白はリスクが高すぎる・男性がモテるためには?(1)
まず自覚しなくてはいけないのは「女性にとって得体の知れない男性は怖い」ということです。深夜に道を歩いていて後ろから聞こえる足音、満員電車での顔の見えない痴漢。これらは男性が想像するよりもはるかに怖く感じています。

理由は3つ。第1に女性が性犯罪や暴力事件の被害者になる可能性が男性よりも高いこと。これは以前書きましたね。

女性が望む「モテる」と男性の考える「モテる」の違いは?
男性と女性ではモテるの定義が違うのではないかと思いました。女性が望むモテる状態とは「自分が好意を持った男性から好かれる」ことであって、決して「不特定多数のよく知らない男性から好かれる」ことではない気がします。

第2に、女性が肉体的弱者だからです。妊娠・出産には生命的なリスクが伴います。そのためパートナーの男性を選ぶ際に慎重にならざるを得ません。

妊娠した場合、相手が暴力をふるうような男性や無責任に逃げてしまうような男性では困るわけです。子どもを産まない女性の場合も、自分自身の生命を脅かす男性を避けねばならないので慎重になります。

第3に、女性が社会的弱者だからです。男女機会均等法があると言っても差別は見えない形で残っています。女性が社会的に成功することは男性よりも困難。

「女には社長になるか、社長夫人になるか2つの出世の道がある」と評論家の斎藤美奈子が言うように、自力で自己実現できない場合には才能や経済力のある男性を選ぶ方法を選択することになります。客観的に分かりやすい肩書きや学歴が男性の判断材料なるのも仕方ありません。

これらの理由を考えると、女性の方がルックスより、男性の内面をしっかり考慮する傾向があると言えます。

顔やスタイルは生まれつきのもの。でも勉強や仕事を頑張ったり自分を磨く努力をすれば、女性は外見だけで判断せず、中身を見てくれるのです。

もし男性に対する警戒心があまりなければ、ルックスだけで判断されてしまい、イケメンだけに女性が集中してしまいますよね。そう考えれば名誉挽回のチャンスはいくらでもあると思いませんか?

ただ女性側からすると男性は女性の内面よりも外見重視で理不尽なんですよ。男性にとって中身を吟味する必要が女性ほど必要でないから。男性が女性の内面まで気にしていたら、これほど性風俗産業は大きくなっていないはずです。

男性誌のグラビアを見ても分かりますね。グラビアページはタレントのスリーサイズや申し訳程度の趣味がちょろっと書いてある程度。

しかし女性誌に、まったく情報のない美男子の写真が載っていたとしても女性は萌えることができません。少なくとも彼の出演したドラマや映画、インタビューなど「ストーリー」がなければだめなのです。たとえそれがメディアが創り出したウソでも「彼はこういう人なんだ」と思えるから女性は好きになれる気がします。【麻理】

今日のサイト

「記念日」は登録すれば誰にでも作れる(Excite Bit コネタ) – エキサイトニュース

知りませんでした。けっこうお安いんですね。

スポンサーリンク
トップへ戻る