Googleアドセンス報酬の小切手の換金について困ったこと

スポンサーリンク

Googleアドセンス小切手
オフ会のためにアフィリエイトを始めて早2ヶ月。収益の一部が今日届きました! やっほー! ブラボー! ウンダバ! 禍福はあざなえる縄のごとし。人間万事塞翁が馬ですよ。

と言っても、現金で頂いたわけでも銀行振り込みされた訳でもありません。郵送の小切手で届いたんです。困った。アメリカで暮らしているときは小切手をよく使っていたのですが(個人でも簡単に小切手が持てるのです)、日本ではあまりなじみがありません。さて、米ドル小切手を日本で換金するには?

日本のメジャーな銀行に持って行った場合。口座を持っていると一応換金できるのですが、なんと手数料が数千円とられてしまうのです。最も高いところで5000円ぐらい、安くても2500円ほど。た、高い。

今回のアフィリエイトでは、最低支払い価格が100ドル(約1万円)。何十万円、何百万も受け取る人なら数千円は微々たるものですが、私にとってはこれはかなり痛い。

そして換金されるまでに数週間から数ヶ月かかる上に、発行から6ヶ月以内に換金しないといけないのです。あわわ。これじゃあオフ会に間に合わないわよ。早くなんとかしなくちゃ。

他に換金する手だてとしてはシティバンクを使うこと。この小切手はシティバンクが発行しているので換金手数料は無料なんですよ。「じゃあ、シティバンクへ行けば?」と言うのはちょっと待った。

そもそもシティバンクは都心部しかありません。現在田舎に住んでいる私は、電車で1時間ほどの支店へ往復の電車賃2000円近くをかけて行かねばならないんです。で、窓口に小切手差し出してもだめ。最初に口座を開かなくては。

驚いちゃいけませんよ、シティバンクの講座維持手数料は月に2100円もかかるんです。口座に50万円以上(外貨預金にすると20万円以上)が入っていれば維持手数料はいらないのですが、50万円のお金が動かせない訳ですからねえ。しかしそうしないと電車賃(2000円)+維持手数料(2100円)であまり手元に残らないし。

ていうかね、50万の遊んでるお金があるんなら、爪に灯をともすようなアフィリエイトはやらない気が……。

ネット上に安い手数料で換金してくれるサービスもあるようですが、どっちにしても面倒で時間がかかることには変わりありません。仕方ないんで今度シティバンクで口座開いてきます。ま、これも経験ですよね。アフィリエイトを始めてから妙に支出が多い気がするのはたぶん気のせいです。【麻理】

今日のサイト

『神々の指紋』批判のページ(リンク切れ)

素晴らしい。この手の中途半端なトンデモ本は本当に困る。「犯人も「超古代文明」でなくても……」のページは痛快。

スポンサーリンク
トップへ戻る