歯を噛み合わせる力・咬合力(こうごうりょく)とは何か?

スポンサーリンク

咬合力
咬合力(こうごうりょく)とは噛んだ時の力のことで、N(ニュートン)という単位で表します。運動能力や頑張る力と咬合力は密接な関係があります。また咬合力が弱まると様々な病気を引き起こすと言われています。

昨日は歯のホワイトニングについて書きました。歯の白さとともに歯並びもとても重要。見た目がどうこうということもありますが、歯周病や虫歯など歯の病気を防ぐためでもあります。歯並びが悪いと上手く歯磨きができず、プラークという歯垢がたまりやすいんですね。

歯のホワイトニングをすることにしました(1)
歯のホワイトニングに挑戦してみました。ホワイトニングというのは、歯を削らずに過酸化尿素と過酸化水素の漂白剤を歯の表面に塗って、化学的な変化を起こして歯を白くする方法です。

もう一つ大切なのが咬合力。これは噛んだときの力のことです。歯並びが良いほど咬合力は強くなります。

噛む力と運動能力には密接な関係があると言われます。野球選手は歯並びの良い人が多いですね。これは力一杯ボールを投げたり打ったりする時に、歯を食いしばる力が強いほど大きな力が出るからです。

よくスポーツ選手で歯並びを治す人がいたりしますが、これは見た目を美しくすると言うより運動能力を高めるためなんです。

咀嚼(そしゃく)と健康リンク切れ)」というページには、あごの力の低下が顎関節症(がくかんせつしょう)の発症、瞬発力、バランス感覚の低下、記憶力の低下、肌年齢が上がる、老化の進行など様々な弊害を引き起こすことが書かれています。噛む力って意外に大切なんですね。

選手現代人の食事は柔らかい食物が中心になってきていますから、噛む力は昔の日本人と比べてかなり小さくなってきています。

最近の子どもは特に噛む力が低下していると言われますがこれは問題。運動能力や学習能力、忍耐力、健康に大きくかかわってくるからです。最近は日本でも歯の矯正がポピュラーになってきましたね。良い傾向だと思います。

咬合力というのはオクルーザ(富士フィルム社)といわれる計測器で測ることができます。咬合力は「N(ニュートン)」であらわし、眞竹昭宏氏の博士学位論文のデータ(※)によると男性で約689N(約70キロ)、女性で約496N(約50キロ)だそうです。

スポーツ選手の咬合力は100キロを超えると言われていて、プロ野球選手がボールを打つ瞬間には百数十キロの咬合力が歯にかかると言われています。

私も以前咬合力を調べてもらったことがあるんですよ。うふふ。自慢ですが私の咬合力は1207N、つまり約123キロ。これは松井秀喜選手と同じ咬合力なのです。測定する人がこの数値に驚いていました。

矯正歯科で歯の噛み合わせを調整しているのと、ジムで筋力トレーニングを熱心にやってたからかな。噛みつく力なら負けませんよ〜。【麻理】

今日のサイト

ランダム生成された情報学論文が国際会議に受理される | スラッシュドット・ジャパン Linux

ただね、このフ口リダの学会、かなりいいかげんな資金集め団体ですからね。たぶん、内容読んでないですよ。私も論文作ってみようかなあ。

トップへ戻る