エプロンの作り方(後編)・メイドさん入門(10)

スポンサーリンク

メイドさん入門
【7】(昨日の続き)はじめに、このエプロンは『Gothic & Lolita Bible Extra(リンク切れ)』に載っていた、Angelic Prettyデザインのものです。

型紙付きの本なのでゴス口リ服作りに挑戦したい方はぜひ読んでみて下さいね。もちろん他のゴス口リ服もたくさん掲載されています。さて、では続きを作りましょう。リボンを通したはしごレースを横方向にもたたきます。
メイドさん入門
【8】フリルを挟んだ部分に押さえミシンをかけます。「押さえミシン」は、「落としミシン」とも言います。縫い目の部分を割って、縫い目の上から表側にミシンをかけることです。かっちりした感じになりますよ。
メイドさん入門
【9】腰のベルト部分を作ります。ひも(リボン結びにするところ)の部分の端の処理をして、端は写真のようにレースで装飾します。ベルトの布は生地をしっかりさせるために接着芯をつけておきます。レース、ひもを挟み込んで縫い、これにも押さえミシンをかけます。
メイドさん入門
【10】ひもの端部分はこんな感じになります。端っこも手を抜かずにしっかり作りましょう。ひもをきっちり作ると後ろ姿がぐっと引き締まりますよね。
メイドさん入門
【11】装飾用に、リボンを作ります。糸で縫い止めて形がくずれないようにします。リボンの端は斜めに切っておくとほつれにくいですよ。
メイドさん入門
【12】ベルト部分と前掛け部分をミシンで縫って接続します。最後に【11】で作ったリボンを写真の矢印の部分に縫い止めて完成。わーお。なあんて可愛いエプロンなんでしょうか。黒のスカートに白のエプロンは映えますねえ。【麻理】
※エプロンの値段……Angelic Prettyにて、ワンピースとセットで27,800円と書かれてあったのですが現在は販売されていないようです。エプロンだけだと10,000円前後かな。

 ■材料費

白の綿布(90×100)   470円
ケミカルレース(85センチ)150円
はしごレース(180センチ)477円
黒リボン(180センチ)  122円
接着芯 (90×20センチ) 20円
===================================
計 1239円

■所要時間……約5時間

今日のサイト

~木曜洋画劇場のCM~

ゴス口リと対極にある男の世界。あまりにも熱すぎる木曜洋画劇場の番宣。ヴァンダムでお腹一杯。君もハッスルマッチョ!

スポンサーリンク
トップへ戻る