MovableType(MT)3.2に手を出すのはちょっと待った!

スポンサーリンク

MT3.2
今までサイト管理の技術的なことは記事に書きませんでした。サイト・ブログ持ちでない読者さんにとってはどうでもいいことですし。もこれは書いておかないと、私と同じような地獄を見る人がいるかもしれないので。

で以下はMovableType(MT)についてです。MTブロガーでない方は読み飛ばして下さいね。

ヤプログ、はてなブログ、ライブドアブログとか聞いたことあると思いますが、あの手のサービスはパソコン初心者でもブラウザ上で簡単にブログが作れますよね。

MTは自分でサーバにインストールしてブログを作るタイプ。上級者向けですが、思い通りにブログのカスタマイズできるところが魅力です。この「真があって運の尽き」はMTで一からデザインして作ってるんですね。

9月29日にMovable Type 3.2 日本語版が出ましたよね。でもアップグレードをしようとしている人はちょっと待って! この記事を読んでからでも遅くはない。

私もバージョン3.11のままほったらかしだったので、週末一念発起してとりかかったんですよ。β版が出た後だし大丈夫だろうと。しかしこれが甘かった。

これまではフルパッケージと、アップグレードパッケージの2種類があったMTですが、3.2のアップグレードは一つになっています。今動いているMTのフォルダに丸ごと新パッケージをアップロード。手順はこちらの「Movable Type 3.2 導入手順」が非常に詳しいです。ありがたい。

ボタンをポチっと押すだけでアップグレードできるので、「こりゃー簡単・便利♪」とか喜んでいたのですが、新しい記事をアップまたは再構築しようとしても500エラーが出て、全然上手く行きません。動作チェックも軽くクリアしたのに変ねえ。

CGI、設定の見直し、アップロードやり直し、バックアップとりなおしの作業を丸1日。でもやってもやっても500エラー(死にそー)。

念のためにテスト用の3.11MT(記事数が5つのみという以外、デザイン、設定は全く同じ)を作って3.2にアップグレードしてみると、こちらはすんなり記事をアップ・再構築できるんですよ。な、なんで? 全く同じ設定なのに。そしてさらに見直し(この時点で約12時間が経過)。

ネットを探し回ってみると、「小粋空間: 3.2-ja 再構築時のメモリ量増加について」という記事が。再構築によって爆発的にメモリが増えるのが原因らしいのです。なるほど。だから、記事数が少ないテスト用MTはなんとか再構築できたのか。

不幸中の幸いだったのが「真があって運の尽き」のバックアップを全部とっておいたこと。アップロードは簡単という噂を鵜呑みにして、うっかり上書きしてたらさらに大変なことになってました。

このエラーのためにアップグレードしても元に戻す人が続出。環境にもよるようですが、記事数が多く、1記事が長いMTブロガーさんはしばらく様子見の方がいいみたいですね。せめて3.171にアップグレードしようかと思ったけどもう体力も気力もゼロ。

私泣きそうでしたよ。ていうか泣いてました。「助けてママン」とか嗚咽しながらモニタに向かってました。数十時間を無駄にしました。温厚な私ですが、ちょっとだけ殺意を覚えました。サイト管理人って自虐的な人しかなれないですね。美味しいものいっぱい食べてふて寝だー!【麻理】

追記1

10月05日に公式に「再構築時におけるメモリー使用量の増加により、再構築できない現象が発生する可能性がある」という記事が出ました。やっぱりねえ。でももっと早く言ってよぉ!

追記2

そして10月12日に「Movable Type 3.2日本語版 Release-2 の提供を開始」。こういうものはしばらくたってから導入ってのが吉。

今日のサイト

「空耳じゃないマイアヒ」

のまネコ問題もようやく沈静化か。元歌の歌詞はせつない失恋の歌で結構好きだ。でもこちらのぶちこわし感も好きだ。

スポンサーリンク
トップへ戻る