幸せな気持ちでいっぱいになる『ウェディングシンガー』を見ました

スポンサーリンク

ウェディングシンガー
ウェディングシンガー』を見ました。80年代のアメリカ。結婚式場でシンガーをしているロビー(アダム・サンドラー)とウェイトレス・ジュリア(ドリュー・バリモア)の恋物語。何度も飽きずに見ています。何度見てもいい。

それまでドリュー・バリモアはあまり好きではなかったんですよ。私生活が波瀾万丈過ぎるし。でもこの作品以来、大好きな女優の一人になりました。

ああ、ドリュー、なんて可愛い笑顔なんでしょう。こういう女性に恋できる男性は幸せだなあ。そしてアダム・サンドラーのはにかんだような笑顔に激萌え。コメディアンとしての印象が強かったので「彼ってこんなにかっこよかったんだ」と再認識。恋に落ちました。

それにしてもアメリカの80年代というのはどうしてこんなに幸せな時代だったのでしょう。私は当時アメリカにいたことがあるのですが、あのころの明るい希望に満ちた雰囲気が蘇ってきました。

ちりばめられたヒットポップス、変な色遣いのファッション、ありえない髪型……今見るとちょっとダサいのにカッコイイ。そして懐かしい。ぎすぎすした気持ちの時に見ると、きっと幸せな気持ちになれるラブコメディですよ。ラストの『ラジオスターの悲劇』も切ない歌です。【麻理】

今日のサイト

Grant Robinson : About Montage-a-google(リンク切れ)

Googleのイメージ検索の画像でモザイクコラージュを作成。キーワード(例:catなど)を英語で入力。

トップへ戻る