スポンサーリンク
管理人からのお知らせ

完! ブログ「真があって運の尽き」は更新を終了しました

2005年1月1日に開設した、「真があって運の尽き」。1年間のご愛顧ありがとうございました。2005年12月31日をもって、更新を終了いたしました。またネットのどこかでお会いしましょう。
今日の出来事

掃除しながら考えた「It’s So Nice To Have A Man Around The House」

仕事だけしてりゃいいってわけじゃありません。死にそうに忙しい時でも、親がかりでないので掃除・洗濯・家事一般は自分でやらねばなりません。掃除は大好き。ストレス解消もかねて大掃除にとりかかりました。仕事は一時中断。
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(5)・番外編の3冊をご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー5日目。最後にご紹介するのは番外編3冊です。「真があって……」読者さんならきっと面白がってくれるんじゃないかなという本を3冊選びました。CD付き本、DVD付きムック、仕掛け絵本の3冊です。
スポンサーリンク
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(4)・エッセイを3冊ご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー4日目。今日ご紹介するのはエッセイ3冊です。ちょっとくせがあって万人向けではないかもしれませんが……。
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(3)・小説を3冊ご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー3日目。今日ご紹介するのは小説3冊です。
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(2)・アート本を3冊ご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー2日目。今日ご紹介するのは「2004年下半期〜2005年に発行された」「アート本」3冊です。アートってのもあいまいな表現ですが、図版がたくさん使われていて、読むだけでなく目で見ても楽しい本を選びました。
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(1)・サイエンス本を3冊ご紹介します

今年も選ぶブック・オブ・ザ・イヤー。先日、3万冊読破なんて書いてしまったもんだからプレッシャーを感じますが、あくまで私個人が選ぶ本ですのでそこんとこをよろしくです。
よりぬき真運

私も百科事典全巻を読破しました!『驚異の百科事典男』(2)

『驚異の百科事典男』を読むと、中学校から高校にかけて読んだ『日本大百科全書・ニッポニカ』との日々が蘇ってきました。あちこちに出てくるエピソードは「私も同じ!」と思うものばかりなのです。
よりぬき真運

私も百科事典全巻を読破しました!『驚異の百科事典男』(1)

「世界一頭のいい人間になるぞ!」と『ブリタニカ百科事典』全32巻、3万3000ページを読破したA・J・ジェイコブズ、35歳。積み上げると125センチにもなる、65000項目の大百科事典を、来る日も来る日も読み続けた彼の読書日記が『驚異の百科事典男』です。
よりぬき真運

青酸カリはアーモンドの香り──でもアーモンドってどんな匂いなの?

ミステリー系のドラマやアニメでよく「アーモンド臭……これは青酸カリによる毒殺だ!」と探偵が言うシーンがありますよね。でもアーモンドってどんな香りですか? 甘くて香ばしいにおい? いいえ違います!
スポンサーリンク
トップへ戻る