読書に関すること

スポンサーリンク
よりぬき真運

私も百科事典全巻を読破しました!『驚異の百科事典男』(2)

『驚異の百科事典男』を読むと、中学校から高校にかけて読んだ『日本大百科全書・ニッポニカ』との日々が蘇ってきました。あちこちに出てくるエピソードは「私も同じ!」と思うものばかりなのです。
よりぬき真運

私も百科事典全巻を読破しました!『驚異の百科事典男』(1)

「世界一頭のいい人間になるぞ!」と『ブリタニカ百科事典』全32巻、3万3000ページを読破したA・J・ジェイコブズ、35歳。積み上げると125センチにもなる、65000項目の大百科事典を、来る日も来る日も読み続けた彼の読書日記が『驚異の百科事典男』です。
よりぬき真運

創作者が最も恐れることは偶然似てしまうこと 創作と盗作(2)

創作者が一番恐れていることは、自分の考えついた物語が偶然過去の誰か作品と似てしまうことではないでしょうか。ミステリ作家なら「過去にたまたま同じトリックが使われていた」みたいなことですね。
スポンサーリンク
よりぬき真運

初出の物語を書くことははたして可能なのか? 創作と盗作(1)

いったい、過去において一度も存在しなかった、誰も見たことも聞いたこともないお話を考えつくことは可能なのでしょうか? これだけの書物が存在している以上、完全に初出の物語を書くことは無理なのではないかという気がしてきます。
読書に関すること

マンガ『不思議な少年』と『ミステリアン』について考えたこと

はじめにこの記事は何らかの告発をしようとするものではないことを書いておきます。また記事内容の性質上、完全にネタバレになってしまうことをお断りします。よって山下和美の『不思議な少年』、西岸良平の『ミステリアン』を読んだことのない人はご注意下さい。
よりぬき真運

蔵書票の世界・あなたもオリジナル蔵書票を作ってみませんか?-

蔵書票を見たことがありますか? 蔵書票とは、本の見返しの部分に貼る「これは自分の本ですよ」ということを表すカードのことです。たいてい和紙やアート紙で作ってあって、蔵書印が捺印されていることもあります。
よりぬき真運

超人的ビブリオマニア列伝(3)読子・リードマン(『R.O.D』)

ここでフィクションの人物をご紹介するのは反則かもしれません。でも彼女は日本で最も有名なビブリオマニアですので挙げておきましょう。読子・リードマン(Yomiko Readman)は『R.O.D』という作品の主人公です。
よりぬき真運

超人的ビブリオマニア列伝(2)牧野富太郎(まきのとみたろう)博士

「わたしは書物好きということならば人後に落ちぬ自負があったが、ある大先輩の蔵書展を見学して、すっかり自信を喪失した」(『荒俣宏の不思議歩記』)超人・ビブリオマニア・荒俣宏をしてそう言わしめたのが牧野富太郎博士です。
よりぬき真運

超人的ビブリオマニア列伝(1)城 市郎(じょう いちろう)氏

日本の発禁本コレクターの第一人者・城 市郎(じょう・いちろう)氏を知っていますか? 彼の名を知らないビブリオマニアはモグリと言ってもいいほどの、筋金入りの希少本収集家です。
よりぬき真運

理想の男性像「読書が趣味の人」はいったいどこにいるの?

ずっと長い間「読書が趣味」の男性が理想でした。でも1日に1冊読むという人は日本国民の0.4%しかいません。男性で、自分と同年代の人で絞ったら、そんな人に出会うのは非常に低い確率なのです。
スポンサーリンク
トップへ戻る