映画とゲーム

スポンサーリンク
よりぬき真運

ファンタジックな昭和30年代『ALWAYS 三丁目の夕日』と『夏への扉』

舞台は昭和30年代の東京、夕日町三丁目。空には作りかけの東京タワーがそびえ、地面には路面電車が走っています。戦争から立ち直りつつある東京で、つつましい生活を送る人々の悲喜こもごもを描いています。
よりぬき真運

号泣!『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を見ました

私が中学生の時。PTAの「子どもに見せたくないアニメ・テレビ番組」というアンケート結果のプリントをもらったのですが、「タイトル:『うる星やつら』 理由:「〜ちゃ」という言葉使いを子どもが真似する。露出が多すぎる」みたいなことが書いてありました。
映画とゲーム

京極夏彦原氏作の映画『姑獲鳥(うぶめ)の夏』を見に行きました

やっと『姑獲鳥の夏』を見に行ってきました。小説を読んでいた時にあやふやだった、建築物、服装などのイメージがはっきりとしたので、他のシリーズを読むのに大いに役立ちそうです。
スポンサーリンク
映画とゲーム

あめんぼあかいなあいうえお! 演劇系ゲーム『しばいみち』

引き続き、現在プレイしているゲームの話。『しばいみち』です。これ2003年2月13日発売でして「なんで今更」な感じがしますが、あまり知られていない割に面白いゲームなのでご紹介します。
映画とゲーム

あなたも私もみんな大好き! ハマり系ゲーム『みんな大好き塊魂』

昨日書いたように数本のゲームを同時進行で遊んでいる、大人にあるまじき態度のワタクシですが、今最もはまっているのがPS2ソフト『みんな大好き塊魂』です。7月7日に妹からプレゼントされて以来毎日遊んでいます。毎日ちょっとずつなので仕事もちゃんとやってますよ。ええ。
映画とゲーム

ビデオゲーム・バトン(Videogame Baton)に答えてみました

もうものすごく乗り遅れているわけですが、Videogame Batonなるものにお答えします。数ヶ月前ぐらいから海外のブログの間で「Baton」なるものが流行しまして、それは様々な質問事項に答えて次の人に回すというものなんですよ。
よりぬき真運

足取り軽くダンシング! 映画『Shall we Dance?』(ハリウッド版)を見ました

1996年公開の大ヒット映画『Shall we ダンス?』のハリウッド、リメイクバージョン。リチャード・ギアとジェニファー・ロペス出演。日本版に忠実に作ってありますが、西洋人だけあってダンスシーンはセクシー&エレガント。やっぱりタキシードやドレスの国ですね。
よりぬき真運

ロボットは友だち・映画『アンドリュー NDR114』を見ました

先日テレビで『アンドリュー NDR114(1999)』を見ました。ロビン・ウィリアムズ主演。面白い映画でしたが、今ひとつ日本で受けなかった理由が分かる気がしました。日本人のロボット観について。
よりぬき真運

涙と笑いの喧嘩上等! 映画『下妻物語』を見ました。

現在公開中のある映画は、日本映画では破格の12億円の制作費だとか。でもお金を使わなくたって、面白い映画はいくらでも作れるのです。その良いお手本が『下妻物語』です。
映画とゲーム

ゲーム『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』をやってみました

『かまいたちの夜』は50万本ヒットのサウンドノベルゲーム。ストーリーを読み進むと、所々で主人公(自分)がどう行動するか、どう発言するかの選択肢が表れます。その選択によってストーリーが変わっていくんです。
スポンサーリンク
トップへ戻る