読んだ本とマンガ

スポンサーリンク
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(5)・番外編の3冊をご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー5日目。最後にご紹介するのは番外編3冊です。「真があって……」読者さんならきっと面白がってくれるんじゃないかなという本を3冊選びました。CD付き本、DVD付きムック、仕掛け絵本の3冊です。
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(4)・エッセイを3冊ご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー4日目。今日ご紹介するのはエッセイ3冊です。ちょっとくせがあって万人向けではないかもしれませんが……。
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(3)・小説を3冊ご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー3日目。今日ご紹介するのは小説3冊です。
スポンサーリンク
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(2)・アート本を3冊ご紹介します

ブック・オブ・ザ・イヤー2日目。今日ご紹介するのは「2004年下半期〜2005年に発行された」「アート本」3冊です。アートってのもあいまいな表現ですが、図版がたくさん使われていて、読むだけでなく目で見ても楽しい本を選びました。
読んだ本とマンガ

2005年のブックオブザイヤー(1)・サイエンス本を3冊ご紹介します

今年も選ぶブック・オブ・ザ・イヤー。先日、3万冊読破なんて書いてしまったもんだからプレッシャーを感じますが、あくまで私個人が選ぶ本ですのでそこんとこをよろしくです。
よりぬき真運

『おろち』(楳図かずお)が復刊.comで復刊されることになりました!

読者のカナコさんから、喜ばしいニュースを頂きました。なんと長年ファンが待望していた楳図かずお氏の『おろち』が復刊されたんですよ! 情報ありがとうございます。ばんざーい! ばんざーい!
よりぬき真運

平安貴族はバイオレンスすぎる!『殴り合う貴族たち-平安朝裏源氏物語-』

「平安貴族」と聞いて思い浮かべることはなんですか? 光源氏、十二単の姫君、蹴鞠や囲碁、恋の和歌など優雅な趣味をたしなむ殿上人。『源氏物語』や『あさきゆめみし』『陰陽師』からはそんなイメージを持ちますよね。
よりぬき真運

リアル空条ジョリーン・日本人女性の刑務所体験記『プリズン・ガール』

ハンサムなボーイフレンドとアメリカでの楽しい日々が一転。ある日突然、部屋に踏み込んできたFBIに全く身に覚えのない罪、共謀罪で逮捕されてしまう。恋人に裏切られていたのだ。司法取引を拒否して有罪判決を受け、アメリカ合衆国連邦刑務所・州刑務所に収監された彼女の運命は……?
よりぬき真運

憂鬱な憂鬱な物語『ユージニア』(恩田陸)と中学時代の思い出

ある地方都市で起こった医師一家毒殺事件。生存者は盲目の美少女のみ。死亡者17名という大惨事は、犯人であるとされる青年の自殺により幕を閉じたかのように見えた。しかし事件を追ったルポルタージュにより、年月を経て再び関係者を巻き込み始める……。
よりぬき真運

何よりも大切なものは記憶『明日の記憶』(荻原浩)を読みました

こんなに読むのが苦しく、恐ろしい本とは思わなかったです。何度も肌が粟立ち、胸が痛みました。でもラストシーンの美しさには泣けます。最近本を読んで泣くことが少なくなってきたので私自身驚きました。そんな、怖くて切ない物語。
スポンサーリンク
トップへ戻る