マーダーケースブックの殺人鬼いっぱいの悪夢を見た!

スポンサーリンク

ドリエル
最近一日中モニタにむかっているからか、夜に目がさえて眠れないんですよ。そうしたら妹がドリエルという睡眠改善薬をくれました。これを飲むと寝付きも良く、ぐっすり眠れるとのこと。

今日こそは眠れるぞとちょっとワクワクしながら薬を飲みました。先日妹に買ってもらったマーダーケースブックを読みながらベットに横になっていると、いつの間にやら夢の中へ。

黒いディアゴスティーニ『マーダーケースブック』をもらいました。
『マーダーケースブック』を知っていますか? 通称マケブ。ご存じの方はかなりマニアックな趣味ですね。マケブ(95年〜97年刊)はディアゴスティーニから発行された週刊誌です。

そしたらですねえ、テッド・バンディ、ジェフリー・ダーマー、アンドレイ・ティカティロと、殺人鬼がじゃんじゃか夢の中に出てくるんですよ。もう命からがら逃げました。

これ催眠術と同じで、頭がもうろうとしている時には情報がストレートに入ってくるからなんですね。ああ怖かった。……あ! ということはハンサムな男性のグラビア誌見たらいいのか!

言うまでもないですが、ドリエルのご使用は医師・薬局のアドバイスに従ってくださいね。【麻理】

今日のサイト

【塩酸ジフェンヒドラミン】ドリエル(≒レスタミン?)

ドリエルってレスタミンコーワとほとんど成分同じなのね。値段はドリエルの10分の1か……。

スポンサーリンク
トップへ戻る