目撃者になりたい・なぜ事件の目撃者は絵がヘタなのか?

スポンサーリンク

目撃者になりたい
知人に、おそろしくクルマに詳しい男性がいるんですよ。A級ライセンス取得、毎月買うクルマ雑誌は10冊以上、スポーティなクルマが好きでしょっちゅうドライブにでかけています。受験勉強並みにクルマ雑誌の情報を暗記しているという「クルマ男」。

彼は道路上を走るクルマを一目見ただけでたちどころに言い当てます。「BMW E46 3シリーズ 330i Mスポーツ 後期型。色はサファイアブラック。ホイールをBBS18インチに交換しているね」。

ほら、昔テレビに登場したじゃないですか。「天才鉄道少年」とか言って、どんな電車の写真を見てもすぐに路線・車両の種類などをすらすら答える男の子が。あれのクルマ版。

最近高速道路で銃の発砲事件が相次いでいますね。ニュースを見るとよく目撃者が白のワゴンと犯人のクルマの証言をしています。でもねえ、そんなワゴン山ほど走ってるんですよ。いくらNシステム(赤外線自動車ナンバー自動読取装置。道路の監視カメラのこと)があるとはいえ、特定に時間がかかるのでは。

捜査の都合上、警察が情報を伏せているということもあるでしょうが、別の事件でも目撃者のクルマに関する証言はかなりあいまいです。こんなとき思い出すのが例の「クルマ男」。

彼が目撃者ならもうスピード解決ですよ。ものすごく絞り込めますからね。でもこういう人に限ってなぜか目撃者にはならない。残念。

もし目撃者になったらこのワタクシもきっとお役に立てると思うのです。それはUFOの目撃者。以前幻想画廊のコラムにも書いたのですが、どういうわけかUFOの目撃者ってすっごく絵が下手じゃないですか。テレビのUFO特番で見る目撃者による宇宙人の絵って、幼稚園児の落書きそのもの。

頼む。私に描かせて。職業柄、見たものを記憶して絵で描くのは得意中の得意なのです。お望みならフォトショップを駆使してリアルな宇宙人を描いてご覧にみせます。これが私の見た宇宙人です。見たまんま。そのままを再現しました!……って。宇宙人よ、私の前に現れて!

まあでもデザイナがリアルに描いた宇宙人ってのもかえってウソっぽいか。下手だからこそホンモノらしく見えるということもありますしね。【麻理】

今日のサイト

即、実践可能な わかりやすいガソリンの節約法 [ファミリーカー] All About

「10分距離の近いお店を選ぶだけで、往復でガソリン約700cc、90円の節約」など意外に安くなる。

スポンサーリンク
トップへ戻る