下着とガーターベルト・メイドさん入門(15)

スポンサーリンク

メイドさん入門
はい、どん! 下着です。うわあ、こんなん出しちゃっていいのかな。写真そのまんまだと生々しいんで、画像加工してラブリイさを強調してみました。……あんま変わってないか。お見苦しいものをお見せしてすみません。

分かりにくいかもしれませんが、コルセットブラは胸のところがピンクのリボンで編み上げになっていまして、全体にレースが施された美しいデザイン。ショーツも同じくお腹のところが編み上げになっています。

写真には写っていませんが、同じレースを使ったペチコートもついているんです。ただ、ペチコートはスカートの裾からレースが見えてしまうんですよ。ピンクのレースなのでちょっと全体のイメージに合わないかなと思い、メイド服にはコルセットブラとショーツのみにしました。

それと以前ガーターベルトのつけかたについてちょこっと書いたのですが、「この先もずっと奥さんや彼女いないと思われるので……」という悲痛な読者さんのメールをいただきましたので解説。

メイドさん入門
よく男性マンガでは左のようにガーターが上になってショーツが下になっています(写真左)が、これは間違いです。

正解は写真右側の、ショーツが上になっているつけかた。デパートの下着売り場のディスプレイでは左のようになっていることがありますが、これはわざわざガーターの柄をお客さんに見せるためであって、実際にこんな付け方をしたらトイレに行くとき困ります。

ガーターは下にぴろんと伸びたヒモ(4本)の先に留め具がついていて、ここにふとももまでのストッキングを挟んで下がらないようにするのです。だからガーターだけつけてストッキングなしの絵も間違い。ここらへんは女性の常識なので男性も基礎知識として覚えておきましょー。【麻理】

今日のサイト

こんなTシャツはエンジニアしか着こなせないぜ!夏|【Tech総研】

わあ、欲しいなあ。特に「マクスウェルの式」。

スポンサーリンク
トップへ戻る