メイドさんギャラリーを作りました・メイドさん入門(19)

スポンサーリンク

メイドさんギャラリーを作りました
7月1日から20日ばかり続いていたメイドさん入門コラムも大団円。エピローグとして、メイドさんに扮した私が登場するフラッシュスライドショー「メイドさん入門」をご披露します。

「幻想画廊」の450万アクセス記念と、開設4周年記念の特別ページ450万アクセス企画「メイドさん入門」はこちら

ここでは制作の裏話なんぞを。衣装はもちろん私が自分でデザイン・制作したメイド服。いろんなポーズを取ってみましたが、動きが制限されることもなく快適そのものです。真夏ですのでやや暑いかなとは思いますが、サラリーマンのスーツよりは全然楽。クールビズぐらいの涼しさでしょうか。スーツもクールビズも着たことないけど。

写真は全て先日記事に書いた、Panasonic FZ5で撮影しました。妹にも撮影を手伝ってもらったのですが、これまでのSony CybershotP1に比べて撮影・画像加工のしやすかったこと! やっぱり画質が良いと加工も楽ですね。補正の手間が省けますから。

「幻想画廊」開設4周年記念日でPanasonic FZ5に買い換えました
今日は「幻想画廊」開設4周年記念日。ということで自分へのご褒美として、デジカメを買い換えました。

撮影は全て自宅にて行いました。つまりギャラリーの全ての写真は背景との合成によるものなんです。光の方向とか光量を合わせるのが大変でしたよ。加工自体は先ほど書いたように単純な合成なので、それほど難しくはありませんでした。

雰囲気的にはゲームっぽい感じにしたかったんです。主人公は豪邸に住む青年でメイドさんが登場してみたいな、典型的なギャルゲー。自動で次の写真に進むスライドショーですから、もちろんプレイはできないんですが、イメージだけでも伝わるといいかなと思います。

メイドコラム、メイド服作りでいろんなサイトを巡ってみたんですが、メイドさん好きな人は本当に多いんですねえ。男性がメイド好きってのは分かるんですよ。家の中にいて、自分の世話をしてくれて、何でも言うことを聞いてくれて、みたいな「お母さん」と「(言いなりになる)恋人」の2つの面をもつメイドさんは男性の憧れる妄想そのもの。

でも女性的にもメイドさんっていいなあって思うんですよ。家の中にフリフリした衣装の女の子がいて、家事をしてくれるなんて本当に幸せ。中学生ぐらいのメイドさんが「お仕事お疲れ様デス♪」なんてコーヒー運んできてくれたりして。またはしっかりしたお姉さんメイドが「お仕事もほどほどになさいませ」と叱ってくれたりして。

そんな私の趣味にお付き合い下さった読者のみなさまありがとう&お疲れ様でした。もっと有意義な450万アクセス記念企画を期待していた方、ごめんなさい。ですがメイド服を作り、メイド服を着られたワタクシ大満足であります。今後とも「幻想画廊」をはじめとするサイトたち、当ブログをよろしくお願いいたします!

念のため、隠しコマンドとか裏ページとかないですから。ここは健全路線で行きますんで。ええ。【麻理】

今日のサイト

「Watch Me Change」(リンク切れ)

お好きな体型、容姿、服を選ぼう。セクシーダンスを見せてくれる。メイド服はない。

トップへ戻る